援助って知ってますか?誰かの力になって上げることだよね。でも「力になってほしいから体をあげる」という援助が出会い系サイトでは見受けられる。コレを援助交際と言い出会い系では「サポ」「円」と表現していることも多く、一見援助交際とは分からないような書き方をしている。どうして援助交際とは分からないけど、何となく分かるだろ?的な書き方にしているかというと多くの出会い系サイトでは援助交際関係の書き込みを全面禁止にしているから。
つまり出会い系サイト側は援助交際は認めていないと言うわけ。だから出会い系サイト=援助交際多そうじゃね?と言う考え方は出会い系サイト側に失礼極まりないということだね。
でも、出会い系サイトによって援の人たちの行動力は違ってくるのは確か。優良の出会い系サイトは見つけ次第、書き込みを削除したり、登録を解除したりしていて禁止運動の努力もめまぐるしいので援の人たちもそういったサイトには居づらいようで少なくなるようだが、最初の内は「援、全面排除!」という風に意気込んで、頑張って管理していたけれど後の方になったら、面倒くさくなっちゃって「いつの間にかココって援の人だらけだね」というサイトに出来上がってました的な出会い系サイトもある。
要するに、援の人たちが多い出会い系サイトというのは管理の甘い出会い系サイトということになり、ちゃんとした出会い系サイトには援の人は少ないということ。援の人がいないかで優良サイトかを見分けても良いかもしれないね。