メールは、出会いを深めるための重要なツールです。
手軽さゆえに連絡手段としてだけでなく、日常生活の中で親交を深める際にも役立てられています。
だからこそ、出会いのチャンスを活かすためには上手な活用が求められるです。

メールの活用方法では、心がけるべきポイントよりも注意すべきポイントの方が多くなります。
手軽さゆえについつい「やってしまう」ことが多いからです。
とくに、男性の側は注意点が多数あります。

まず、第一にあまり本人のキャラクターとギャップのあるメールにしないこと。
ギャップで魅力をアピールするのもひとつのアプローチ方法ではありますが、意識してやるとたいてい失敗します。

とくに、多いのが妙に軽いノリのメールを打つケース。
実際に会った時はまじめな印象だったのにメールでは軽くて楽しそう…というギャップを狙っていても、単に「浮ついているだけ」「なんだか軽薄な感じがする」といった印象を与えてしまいがちです。
男性の場合は、素のままの文章や内容で送った方が無難でしょう。

もうひとつ注意したいのが、絵文字やデコレーション文字の多様です。
これも軽薄な印象を与えます。
とくに、社会人の場合、いい歳をしてこんなメールしか打てないのか…と思われてしまう可能性もあります。
もっとも、まったく使わないのも堅苦しいため、さりげなく使用するセンスも求められます。

また、相手との付き合いの深さによっても変えたほうがよいでしょう。
初対面の出会いで、メール交換をした後に送ったメールが絵文字だらけだと、やはりよい印象は与えられないはずです。