異性との出会いを恋愛関係にまで進展させていくためには、メールでのアプローチが重要です。
しかし、脈がない相手にいつまでも固執してズルズルとメールでのアプローチを続けても意味はありません。
ですから、メールのやり取りの中で出会いを活かせる可能性があるのかどうかを判断することも大事です。

また、これはデートを誘うタイミングを見計らう意味でも大きな意味を持ちます。
相手のメールの内容から感触を見極めることもできます。

気のないメールが続く、あるいは返信が遅い場合にはまず脈なしと判断してよいですが、礼儀正しい相手の場合、脈がなくてもこまめに返信をくれる場合もあります。
そんな場合には、内容でチェックすることも大事です。

とくに、女性からのメールで判断の基準となるのが絵文字の有無と頻度…。
絵文字は親しさを示すバロメーターにもなります。
絵文字を積極的に使っている場合、相手に親しみを感じていることを意味します。
また、好感を持っている相手に対してはできるだけかわいいメールを送りたいと思うのが女性の心理。
絵文字の多用だけでなく、どれだけ工夫を凝らしているかも判断のポイントとなります。

もうひとつは、向こうからメールが来るか。
返信はしっかりしてくれるけれども、向こうから送ってくることはほとんどない場合は要注意。
また、向こうから積極的にいろいろと質問してくれる場合は、逆に期待が持てます。
休日の過ごし方や毎日の帰宅時間などを訊ねてきた場合にはチャンスあり、できるだけ早くしっかりと答えるようにしましょう。

メールは手軽ですが、意味のないメールは手間と時間の無駄となります。
それだけに、出会いで活用する際には慎重な見極めが求められるのです。